グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 三本松 政之

三本松 政之

三本松 政之

社会福祉学部
社会福祉学科 教授
【学位】
博士(社会福祉学)

【学歴・職歴】
・中央大学大学院文学研究科社会学専攻博士課程後期課程単位取得後退学
・日本社会事業大学社会事業研究所助手
・文教大学人間科学部助教授
・立教大学コミュニティ福祉学部教授(コミュニティ福祉学部長・コミュニティ福祉学研究科委員長)

キーワード
社会的排除 コミュニティ マイノリティ 多文化福祉社会 社会問題の社会学

研究テーマ
・マイノリティとコミュニティの研究(外国人労働者、セクシュアル・マイノリティなど)
・社会的バルネラブルクラスとエンパワメントに関する研究
・韓国の人権運動に関する研究

主な研究業績
『福祉ボランティア論』(共編著)、有斐閣
『新・コミュニティ福祉学入門』(共編著)、有斐閣
『コミュニティ政策学入門』(共編著)、誠信書房
『はじめて学ぶ人のための社会福祉』(共編著)、誠信書房
『コミュニティ事典』(共編著)、春風社
「外国籍移住生活者にみる社会的バルネラビリティとそのシティズンシップ」『対論 社会福祉学2 社会福祉政策』中央法規出版、pp.168-190
「韓国の社会的バルネラブルクラスとコミュニティ・エンパワメントに関する研究」(共著)『立教大学コミュニティ福祉研究所紀要』 6号、pp.1-19)

地域活動
東京都葛飾区社会福祉協議会介護支援サポーター制度運営委員会委員長

可能な共同・受託研究のテーマ
外国籍移住生活者への支援
居場所づくりと福祉コミュニティ

高校生向け講義
福祉ボランティア
マイノリティの福祉社会学

一般向け講義
「外国人移住生活者への支援」
「社会的排除と包摂」