グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

上田武石地域で学生の小さな活動小屋を整備中

【2022.8.9】
 環境ツーリズム学部・松下ゼミでは、上田武石地域を研究フィールドに2つの学 生グループが活動をしています。そのうちの一つで武石地域の新しいコミュニティ形成をテーマに活動するグループでは、このたび地域の方々の協力を得て、学生の活動小屋の整備が進展しています。

松下ゼミにおいては、武石地域で活動する住民組織「武石風土つなぎ隊」と連携して、さまざまな活動を展開しています。武石風土つなぎ隊では、これまで旧武石銀座のにぎわい再生を図るために、空き店舗を活用したコミュニティ拠点「つなぐ家」の開設や、コミュニティ・ガーデン「ハートフル・ガーデン」の整備を進めてきました。これらの活動に昨年度より松下ゼミも関わるようになり、現在では「住民手作りのピザ窯ハウス(通称:ピザラボ)」の整備、「古民家たまりや」の再生活動もおこなっています。

そうした活動の一環として、このたび地域の農園に隣接する小さな小屋を学生の活動拠点として再生する活動が始まりました。かつては少量多品種を生産してい た小さな農園ですが、農園の再生活動もあわせて、ゆっくりと小さなコミュニティ拠点の形成を進めていく計画です。

  • 2023(令和5年度入試)
  • 資料請求
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 夢ナビ「学問のミニ講座」
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  環境ツーリズム学部の活動
  4.  >  2022年度 環境ツーリズム学部の活動
  5.  >  上田武石地域で学生の小さな活動小屋を整備中