グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 環境ツーリズム学部の活動  > 森・川・里の恵みクリエイター養成講座 ~森・川・里の生態系サービスの活用を学ぶESD(持続可能な開発のための教育)~

森・川・里の恵みクリエイター養成講座
~森・川・里の生態系サービスの活用を学ぶESD(持続可能な開発のための教育)~

森・川・里の恵みクリエイター資格とは、森・川・里のさまざまな恵み(生態系サービス)を持続可能な地域社会の発展のために活かす知識と技術を身につけた人物に授与される長野大学独自の資格です。


森・川・里の恵みクリエイター養成講座とは

2021年4月~ リニューアル開講

 2021年4月から、「森の恵みクリエイター養成講座」を「森・川・里の恵みクリエイター養成講座」へとリニューアルし、新たに開設します。新講座は、旧講座の“環境教育カリキュラム”に、「ESD:Education for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)」と「SDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の枠組みを取り入れた“ESDカリキュラム”です。新講座では、ESDで重視される「人と人」「人と社会」「人と自然」の“つながり”を多面的な視点から探究していく深い学びを実践し、“つながり”を理解・尊重できる人物の育成を目指します。

 森・川・里の恵みクリエイター資格とは、森・川・里のさまざまな恵み(生態系サービス)を持続可能な地域社会の発展のために活かす知識と技術を身につけた人物に授与される長野大学独自の資格です。

 森・川・里の恵みクリエイター資格には、初心者向けのⅡ種と、上級者向けのⅠ種の2つがあります。Ⅱ種では、森・川・里の生態系サービスについての基礎知識を身につけることと、それらの生態系サービスの活用・再生・保全に関する提案ができる人材を育てることを目標としています。Ⅰ種では、地域社会の中で自分がリーダーとなって、自分が提案した内容に基づいて、森・川・里の生態系サービスを活用・再生・保全するための具体的な企画を考え、実践できる人材を育てることを目標としています。

資格の種類

Ⅱ種資格

■目標とする人物像
 森・川・里の生態系サービスに関する基礎知識を習得し、森・川・里の生態系サービスの活用・再生・保全に関する提案ができるようになる。

■取得要件
・必修の講義4回、必修の実習3回
・選択の講義4回、選択の実習4回
・小論文(森・川・里の生態系サービスの活用・再生・保全に関する提案を小論文にまとめる)

Ⅰ種資格

■目標とする人物像
 森・川・里の生態系サービスを活用・再生・保全できる知識と技術を習得し、自分が提案した内容に基づいて、森・川・里の生態系サービスを活用・再生・保全するための具体的な企画を考え、実践できるようになる。

■取得要件
・II種資格を有すること
・選択の講義8回、選択の実習8回
・実技試験(Ⅱ種の小論文でまとめた提案に基づいて、具体的な企画を考え、実践する)