グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

髙橋 雅夫

髙橋 雅夫

企業情報学部
企業情報学科 教授

主な担当科目
●データベース論
●データサイエンス論
学位
博士(工学)(筑波大学)

学歴
筑波大学大学院システム情報工学研究科リスク工学専攻博士後期課程修了

職歴
・総務省統計局、独立行政法人統計センター等において、公的統計の企画・実施・データ処理・分析・研究などに従事
・情報セキュリティ大学院大学客員教授
  資格:第一種情報処理技術者、専門社会調査士

キーワード
統計、データサイエンス

研究テーマ
統計(公的統計、品質、標本設計)、ビジネスデモグラフィー、データサイエンス(実証分析等)

主な研究業績
【書籍】
・Mark van der Loo, Edwin de Jonge(著), 地道 正行, 髙橋 雅夫, 藤野 友和, 安川 武彦, 和田 かず美 (共訳):『統計的データクリーニングの理論と実践 : Rによるデータ編集/欠測補完システム』 ,共立出版(2022) (ISBN: 9784320114630)

【論文】
・Masao Takahashi, Tomoo Asakawa, Mika Sato-Ilic: A Constrained Cluster Analysis with Homogeneity of External Criterion, In: Czarnowski I., Howlett R., Jain L. (eds) Intelligent Decision Technologies. IDT 2020. Smart Innovation, Systems and Technologies, vol 193. Springer, Singapore (2020), pp.303-313.
・髙橋 雅夫: 公的統計の品質向上に関する研究―母集団状態の推定方法の開発―, 筑波大学(学位論文), (2019)
・髙橋 雅夫: 事業所動態統計の推計のための遷移確率行列を用いた新たな方法の開発, 統計研究彙報 第76号 (2019), pp.19-38.
・Masao Takahashi: The Quality Assurance of Official Statistics in Japan: Framework and Practice, The Statistical Journal of the IAOS 34(3) (2018), pp.331-342.
・Masao Takahashi, Mika Sato-Ilic, Motoi Okamoto: Estimation of Business Demography Statistics: A Method for Analyzing Job Creation and Destruction, In: Czarnowski I., Howlett R.J., Jain L.C., Vlacic L. (eds) Intelligent Decision Technologies 2018. KES-IDT 2018, 20-22 June 2018, Australia, Smart Innovation, Systems and Technologies, vol.97. Springer, Cham (2018), pp.33-43.
・高橋 雅夫, 高部 勲: 経済センサスを活用した事業所の開業率・廃業率等の推計, 統計学 = Statistics 第111号 (2016), pp.1-16.
・Masao Takahashi, Isao Takabe: Application of An Alternative Method for Compiling Business Demography Statistics of Establishments, Proceedings of the 60th ISI World Statistics Congress, International Statistical Institute, Rio De Janeiro, Brazil, 26-31 July (2015), pp.1568-1573.
・Shinji Ueda, Masao Takahashi: Use of Administrative Records for Producing Official Statistics in Japan, Proceedings of the 59th ISI World Statistics Congress, International Statistical Institute, Hong Kong, 25-30 August (2013), pp.3279-3284.
・髙橋 雅夫: 新しい事業所母集団データベースの開発: ビジネスレジスターの更改, 統計研究彙報 第70号 (2013), pp.1-18.
・Masao Takahashi: Renovation of the Japanese Business Register, In: 23rd Meeting of the Wiesbaden Group on Business Registers: International Roundtable on Business Survey Frames, Washington, D.C., U.S.A., 17–20 Sept. (2012).
・松岡 良彰, 髙橋 雅夫: 平成22年国勢調査抽出詳細集計の標本設計について,統計研究彙報 第69号(2012), pp.1-21.
・高橋 雅夫: 平成22年国勢調査の抽出速報集計における標本抽出方法及び結果推定方法の改善の検討, 統計研究彙報 第68号 (2011), pp.1-20.
・Masao Takahashi: Population Census and the Basic Resident Registers –Effective use of register-based data for the Population Census –, In: Joint UNECE/Eurostat Expert Group Meeting on Register-Based Censuses, The Hague, The Netherlands, 10-11 May (2010).
・Masao Takahashi: Japanese Experiences in Providing Assistance to Other Countries, In: ESCAP Expert Group Meeting on Effective Use of IT in Population Censuses, Bangkok, Thailand, 10-12 Dec. (2007).
・Masao Takahashi: Use of Information Technology in the Census Operation of Japan – Recent Improvements and Challenges for the Future –, In: ESCAP Expert Group Meeting on Effective Use of IT in Population Censuses, Bangkok, Thailand, 10-12 Dec. (2007).
・Masao Takahashi: Development of a New Japanese Business Survey Frame, In: 20th International Roundtable on Business Survey Frames, Wiesbaden, Germany, 21-26 Oct. (2007).
・高橋 雅夫, 臼井 彩子: 平成13年社会生活基本調査における標本の代表性と調査結果の推定について, 統計研究彙報 第62号 (2005), pp.23-70.
・Masao Takahashi: Economic Census of General Statistics Office of Vietnam – A Report of a Short Term Consultant –, Swedish International Development Cooperation Agency (SIDA), Hanoi, Vietnam, Jan. (2002).
・Masao Takahashi: Business Demography and the Japanese Business Survey Frame, In: 14th International Roundtable on Business Survey Frames, Auckland, New Zealand, 29 Oct. - 3 Nov. (2000).

地域活動
データに基づいた課題の発見・解決

可能な共同・受託研究のテーマ
データを活用した企業活動の改善・発展

高校生向け講義
統計データの表し方・使い方

一般向け講義
統計データのできるまで
  • 資料請求
  • 長野大学りんどう祭
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  教員紹介
  4.  >  髙橋 雅夫