グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

産経新聞の流域治水の記事で箱山 洋教授のコメントが掲載されました

【2022.4.22】
 「流域治水」は近年厳しさを増す水災害への治水対策として流域全体で関係者が協力して対策を図る比較的新しい考え方です。ここでは、治水のみならず、出水時の魚の避難を考えるなど、これまで以上に流域の生物保全への取り組みも求められています。千曲川水系での淡水生物学研究所の研究が地域の流域治水に貢献していきます。

産経新聞(Yahoo News)
https://news.yahoo.co.jp/articles/f42837ffdf446c48eec737f9840d9134dc15055f
  • 資料請求
  • 長野大学りんどう祭
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 学問のミニ講座
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  淡水生物学研究所の活動
  4.  >  2022年度 淡水生物学研究所の活動
  5.  >  産経新聞の流域治水の記事で箱山 洋教授のコメントが掲載されました