グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ




教育・研究

第7回たねぷろじぇくと植樹祭の出発式を開催

【2021.11.2】
 11月7日(日)に宮城県山元町で開催される「第7回たねぷろじぇくと植樹祭」の出発式が2日(火)に本学の屋上で開催されました。
 たねぷろじぇくとリーダーの大内梓さん(環境ツーリズム学部3年)がメンバーを代表して、「全員の力を合わせて頑張りましょう!」と、植樹祭に向けての決意を語りました。

たねぷろじぇくとが目指すこと

①被災地のために貢献したいと思う長野県民と、被災地の里山を再生させたいと願う宮城県民の有志を束ねて、被災地の種子由来の地域性苗木を長野県と宮城県で生産し、その苗木を被災地に植栽するまでの過程を支える「たねぷろじぇくとネットワーク」(正式名:被災地里山救済・地域性苗木生産ネットワーク)を構築します。
②未来を担う若い世代(小学生~大学生)の協働によって、被災地に植栽する地域性苗木を生産します。
③生産した地域性苗木を被災地に植栽し、里山を育成します。
④たねぷろじぇくと参加校を対象とするワークショップを企画・運営します。
⑤地域性苗木の生態や育苗方法を楽しみながら学べる「環境教育プログラム」を開発し、ワークショップの開催を通じて実践します。
⑥他者を思いやり、被災地復興のために何ができるのかを真剣に考えることができる「想像力豊かな心」と、その思いを行動で示すことができる「温かみのある人間力」を育てます。

詳細は、たねぷろじぇくホームページ(https://tane-project.org/)をご覧ください。
  • 2023(令和5年度入試)
  • 資料請求
  • 新型コロナウイルス感染症に関する対応について
  • カリキュラム・ウェブシラバス
  • 信州上田学
  • 夢ナビ「学問のミニ講座」
  • まちなかキャンパスうえだ

  1. ホーム
  2.  >  教育・研究
  3.  >  環境ツーリズム学部の活動
  4.  >  2021年度 環境ツーリズム学部の活動
  5.  >  第7回たねぷろじぇくと植樹祭の出発式を開催