研究支援

科研費等公的研究費の適正管理について

 本学では、科研費等公的研究費について「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」に基づく責任体系を「長野大学における公的研究費のの運営・管理基準」で明確にしています。
  
 また、研究費使用にあたって、会計手続きの理解不足等から生じる研究費の不正使用を防止する観点から、本学における使用ルールをできるだけわかりやすく示したハンドブックを作成し、周知をはかっています。

 

長野大学における公的研究費の不正使用防止に関する基本方針

平成28年度長野大学における公的研究費不正防止計画

長野大学における公的研究費の運営・管理基準

長野大学における科研費等の運営・管理について(図)

長野大学研究倫理規程

研究活動の不正行為に係る調査手続き等に関する要綱

長野大学科学研究費補助金経理事務取扱要綱

研究倫理教育

本学では、「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」に基づく研究倫理教育として、
日本学術振興会の研究倫理e-ラーニングコースの受講を義務付けています。
また、平成28年度は、公的研究費コンプライアンス研修会と併せて、外部講師による研究倫理研修会を
開催しました。

コンプライアンス教育

本学では、コンプライアンス教育の一環として、下記のとおり公的研究費コンプライアンス研修会を開催しました。

***************************
1.開催の意図
 平成26年に改正された「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」(文部科学省)では、「関係者の意識向上」の為、「全ての構成員にコンプライアンス教育を実施し、受講者の受講状況および理解度について把握する」とあり、公的研究費に関わるコンプライアンス研修の実施は全ての研究機関で取り組むべき課題となっています。この趣旨から、本学においては、全専任教員および研究に関わる事務を取扱う職員(総務課、研究支援・地域連携センター専任職員)は必ず受けて頂く方針とします。

2.開催日時
平成28年9月21日(水)10時半~12時

3.開催場所
4号館3階教授会室

4.講師
ロバストジャパン株式会社 代表取締役 中安豪氏

5.内容
(1)研修「研究活動におけるコンプライアンス」(研究倫理研修含む)、質疑応答
(2)理解度チェックテストの実施
(3)誓約書の徴取

6.欠席者への対応
研修会を録画したものを、視聴していただきます。

7.研修会内容の理解度の把握
理解度チェックテストを受けていただきます。

8.その他
理解度の高くない受講者には、理解度チェックテストを再度受けていただきます。

9.昨年度(平成27年度)公的研究費コンプライアンス研修会の結果
(1)出席者数(受講率) 55名/61名中(90.2%)
(2)理解度テスト提出者数(回収率) 43名/61名中(70.5%)
(3)理解度テスト平均点 93.3点(最高100点、最低60点)

研修会の様子①

研修会の様子②

誓約書の徴取について

公的研究費の使用、ルールに関する相談窓口

地域づくり総合センター事務室
(科研費等公的研究費の使用に関するルール及び事務処理手続き、等)
TEL:0268-39-0007
FAX:0268-39-0006
MAIL:renkei@nagano.ac.jp

研究活動上の不正行為及び研究費の不正使用に関する通報(告発)・相談窓口

総務課
〒386-1298長野県上田市下之郷658-1
TEL:0268-39-0001
FAX:0268-39-0002
MAIL:soumu@nagano.ac.jp

【通報方法】書面、電話、FAX、電子メール、面談(窓口直接)
【参照】 「研究活動の不正行為に係る調査手続き等に関する要綱」

取引業者のみなさまへ

本学では、「長野大学における科研費等の運営・管理基準」により、不正に係る取引停止について定めています。
これにより、誓約書の提出をお願いする場合があります。

人を対象とする研究に関する倫理審査について

長野大学では、以下の倫理指針、要綱等に基づき、人を対象とする研究に関する倫理審査を行っています。