グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 大学概要  > 長野大学の公立大学法人化の経過について  > 長野大学の公立大学法人化が必要となる理由 ~公立大学法人化により何が可能になるか~

長野大学の公立大学法人化が必要となる理由
~公立大学法人化により何が可能になるか~

公立大学法人として担う課題と、そのためのシステムの構築


長野大学は、地域の課題を担うために、公立大学法人として大学を発展的に改組し、地域住民及び自治体と手を携えながら、「地域人材の循環システム」及び「地域課題の解決システム」を構築したいと考えています。これにより、将来、この地域を担おうとする意識・意欲の高い学生を、地域外の大学ではなく本学が受入れ、教養・専門・地域協働教育によりしっかりと育て、地域の優良企業・組織のリーダーや地域社会の中核的人物として送り出すことができると考えています。
若者を地元で育て、地元で活躍してもらい、地元に定着してもらう「地域人材の循環システム」を構築するとともに、この地で様々な領域で発生する課題を地域住民、地域企業・組織と協働しながら解決する「地域課題の解決システム」を構築しながら、「この上田地域の人口減を食い止め、この地を担う若者が定着し、この地の地域力を向上させること」、これが公立大学法人・長野大学の使命になると考えています。