グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【社会福祉学部】野口京子教授が北信越バレーボール連盟表彰を受賞

【社会福祉学部】野口京子教授が北信越バレーボール連盟表彰を受賞

【2021.10.14】
 社会福祉学部 野口京子 教授が、令和3年度北信越バレーボール連盟表彰を受賞しました。
 野口教授は、平成 20 年度より北信越大学連盟理事・副会長を歴任、令和元年度からは全日本大学連盟評議員に就任するなど、大学バレー界の組織強化に功績を残しました。特に、長野県内においては、県大学連盟の初代理事長として、同連盟の創設と長野県バレーボール協会への正式加盟および組織強化に尽力したことが評価されました。
 また、長野県バレーボール協会の強化委員として、長年国体成年女子の強化に取り組むと共に、女子Vリーグチームのルートインホテルズの創設に携わり、2028 長野国民スポーツ大会に向けた成年女子種別の強化に道筋を立てるなどの功績が評価されました。
 受賞した野口教授は、「今後もバレーボール界の発展のために尽力していきたいです。」と話してくださいました。