グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 社会福祉士実習指導者講習会を開催しました

社会福祉士実習指導者講習会を開催しました

 7月27日(土)28日(日)、「社会福祉士実習指導者講習会」が長野大学で行われました。
 社会福祉士及び介護福祉士法の改正に伴い、社会福祉士の養成に必須の「相談援助実習」については、受け入れ施設の実習指導者の要件が課されました。要件は、社会福祉士の資格(取得後の相談援助実務3年以上)のみならず、「社会福祉士実習指導者講習会」を修了していることです。講習内容は全国統一の内容で実習の「指導概論」「マネジメント論」「プログラミング論」「スーパービジョン論」となっています。
 今回は、長野県社会福祉士会主催、日本社会福祉士養成校協会関東甲信越ブロック長野県支部、長野大学の共催で講習会が開催されました。
 日本社会福祉士養成校協会のブロック県支部と県社会福祉士会、養成校である本学が、協力・共催した講習会は、初の試みであり、全国的にもモデルケースともいえるものです。
 参加者は48名と、多くが県内の施設の方でした。講師にお招きしたのは、本学に関わりの深い内田先生(社会事業大学)、廣瀬先生(松本大学松商短期大学部)で、中身の凝縮した2日間となりました。
 無事に参加者全員が講習会を修了しました。受講者の方々に本学の実習生を受け入れていただければ嬉しいです。