グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 企業情報学部の学生がスタイリッシュファッションの試作品を長野大学祭で披露しました

企業情報学部の学生がスタイリッシュファッションの試作品を長野大学祭で披露しました

商品「真田胴丸【幸村】」の試作品を披露しました

長野大学前川ゼミでは「スタイリッシュファッション商品開発プロジェクト」の学生チームが真田幸村の甲冑・赤備えをイメージした「スタイリッシュファッション」の商品開発に取り組んでいます。昨年度の課題発見ゼミ「信州上田の商品企画」で企画した「真田幸村の甲冑をイメージしたパーカー」をさらに発展させ、商品価値をより高めた「真田胴丸【幸村】」を企画しました。年度内には商品化が実現することを目指して取り組んでいます。その試作品を長野大学祭(11/2(土)~11/3(日))の前川ゼミ会場(2号館3階302教室)で披露しました。


商品「真田胴丸【幸村】」の試作品

甲冑風ジャケットを着ている様子

新作「真田胴丸【幸村】」の試作品を着る依田伸之さん

えり部分にこだわりのあるカーブ

えり部分にこだわりのあるカーブ

商品コンセプトは、真田幸村の甲冑をイメージしつつ、カッコよくオシャレに着ることができる「スタイリッシュファッション」です。そのコンセプトを形にしました。デザインを決めていくプロセスでは、地元の企業などからアドバイスもいただき、試作品のデザインを詰めていきました。2ピースは真田幸村の赤備えの甲冑をイメージしています。黒地のニット地の上に陣羽織風のベストを重ね着するというものです。右の胸には真田氏の家紋である六文銭をあしらい、腰帯の背中部には真田紐が飾りで付けられてオシャレな演出がされています。胸元の緩やかな曲線、襟の尖った曲線は、真田氏の家紋の一つである「結び雁金」の曲線をイメージさせるなど細部にまでコンセプトが行き届いています。

試着している様子1

意外に女性に似合うかもしれません

試着している様子2

男性によってはまるで武将のように見えます

試作品を披露した前川ゼミ会場の様子

前川ゼミ展示会場の様子1

来場された方にゼミ学生が説明をしている様子

前川ゼミ展示会場の様子2

学生が展示「日中の架け橋」の説明をしています

前川では学生たちが班ごとに発表内容をとりまとめ展示をしました。1班「真田幸村の魅力発信」、2班「日中の架け橋」(留学生グループ)、3班「日本の四季」(留学生グループ)、4班「地域の課題」、5班「商品開発」です。

情報発信と今後に向けて

ブログのイメージ

ブログ「Cool Ueda」のイメージ

前川ゼミでは、ゼミメンバーによるメインブログ「Cool Ueda」に随時情報発信しています。
新しい情報は同ブログでご確認ください。

Cool Ueda http://coolueda.naganoblog.jp/

その他、Facebook、中国のソーシャルメディア「weibo」等で発信しています。

商品「真田胴丸【幸村】」は、展示会場にて評価アンケートを実施しました。それらのご意見を参考にさらに改善を加え、今年度内に商品化を目指す計画です。