グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 企業情報学部の学生がスタイリッシュファッションの試作を11/2(土)11/3(日)の長野大学祭で披露!

企業情報学部の学生がスタイリッシュファッションの試作を11/2(土)11/3(日)の長野大学祭で披露!

商品名「真田胴丸【幸村】」の試作品を披露します

長野大学前川ゼミでは「スタイリッシュファッション商品開発プロジェクト」の学生チームが真田幸村の甲冑・赤備えをイメージした「スタイリッシュファッション」の商品開発に取り組んでいます。昨年度の課題発見ゼミ「信州上田の商品企画」で企画した「真田幸村の甲冑をイメージしたパーカー」をさらに発展させ、商品価値をより高めた「真田胴丸【幸村】」を企画しました。年度内には商品化が実現することを目指して取り組んでいます。その試作品を長野大学祭(11/2(土)~11/3(日))の前川ゼミ会場(2号館3階302教室)で披露いたします。


「真田胴丸【幸村】」の商品コンセプト

商品イメージ

「真田胴丸【幸村】」の商品イメージ

商品コンセプトは、真田幸村の甲冑をイメージしつつ、カッコよくオシャレに着ることができる「スタイリッシュファッション」です。

信州上田とゆかりのある戦国武将・真田幸村は上田合戦での活躍、大阪冬の陣・夏の陣での活躍により、日本を代表する永遠のヒーローとなりました。真田幸村は長く紀州九度山で生活をし、大阪の陣での活躍により大阪のヒーローともなり、400年経った今でも根強い人気があります。真田幸村の赤備えの甲冑をイメージしつつ、若い年代層が着たくなる商品を考えて、「カッコイイ+オシャレ」が組み合わさったファッションを生み出そうと企画したのが、商品企画「真田胴丸【幸村】」です。

値段:まずは若者層が買えるよう安価な価格から
素材:収縮性がある黒のニット布、赤い丈夫な生地

これまでの取り組み

昨年度の企画「真田幸村の甲冑をイメージしたパーカー」をさらに発展させて魅力的な商品に高めるため、今年度は「スタイリッシュファッション」の実現を目指して商品開発チームのメンバーが商品イメージをデザインしました。それらのデザイン案のどれがよいかを長野大学内のコーナー、ソーシャルメディアの両方を使って投票してもらう方法により、試作品の商品イメージを決定しました。

デザインする学生のメンバー

デザインをする学生のメンバー

アンケート評価のデザイン8案

商品デザインのアンケート評価(最もよいデザインを投票)

商品コンセプトに活かした真田幸村の物語

大阪・三光神社の真田幸村像

大阪冬の陣の主戦場「真田丸」跡の三光神社と真田幸村像

赤備えを身に着け、大阪冬の陣・夏の陣で大活躍した日ノ本一の兵。関ヶ原の戦い後、九度山(和歌山県)で14年間、父・昌幸と生活し、真田紐を生み出して生活を支えていました。家紋は六文銭ではなく、縁起がよいとされる「結び雁金」を使ったと伝えられています。

商品「真田胴丸【幸村】」試作品披露のご案内

長野大学祭(11/2(土)~11/3(日))の前川ゼミ会場(2号館3階302教室)で商品企画の試作品を披露いたします。

多くの皆様にお越しいただき、ご覧いただきますようご案内いたします。