グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【長野県学生バスケットボール選手権大会】女子:2連覇、男子:ベスト4

【長野県学生バスケットボール選手権大会】女子:2連覇、男子:ベスト4

 6月8日、9日に長野大学体育館他で「第13回長野県学生バスケットボール選手権大会」が開催され、男女のバスケットボール部が出場しました。

 女子バスケットボール部は、8日のグループリーグ戦において、佐久大学と清泉女学院大学と対戦しました。直前の6月6日まで大阪での西日本選手権に参加しており、過密なスケジュールで疲労の残る中での試合でしたが、初戦の佐久大学、続く清泉女学院大学に連勝し、9日の信州大学との優勝決定戦に臨みました。

 試合はC(センター)10番楜沢愛花莉選手(社会福祉学部2年)などの活躍により、序盤から長野大のペースで試合が進み前半終了時点で、46対27でリードして折り返しました。しかし、後半、疲れが見え始めた長野大に対して、信州大学が点差をつめ、第3Q終了時点で14点差。嫌な流れで迎えた第4Qでしたが、SG(シューティングガード)の5番 野溝由佳選手(社会福祉学部4年)の3Pシュートなどが決まり、74対67で勝利し、大会2連覇を達成しました。

 男子バスケットボール部は、昨年のベスト4の壁を超えることができるよう今大会に向けて練習してきました。
トーナメント初戦では、諏訪東京理科大学と対戦し、試合序盤はどちらのチームも流れをつかむことができず第2Qを同点で折り返しました。しかし、第3Q以降は長野大が主導権を握り、終盤に諏訪東京理科大学に追い上げられましたが、59対54で逃げ切り勝利しました。続く試合では、優勝候補の信州大学Aと対戦でしたが、自分たちのプレイをさせてもらうことができず大差で敗れ、3位決定戦で松本大学と対戦しました。3位決定戦は序盤一進一退の攻防となりましたが、第3Qで松本大学に点差を離され、終盤追い上げましたが、及ばず84対65で敗れる結果となりました。

女子バスケットボール部の試合結果

<グループリーグ戦>
長野大学 145-25 佐久大学
長野大学 125-29 清泉女学院大学
<決勝戦>
長野大学 74-67 信州大学

男子バスケットボール部の試合結果

1回戦 長野大学 59-54 諏訪東京理科大学
準決勝 長野大学 24-145 信州大学A
3位決定戦 長野大学 65-84 松本大学

大会2連覇を達成した女子バスケットボール部

大会2連覇を達成した女子バスケットボール部