グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 環境ツーリズム学部の学生がユース・アクションサポート事業に採用

環境ツーリズム学部の学生がユース・アクションサポート事業に採用

助成決定を受けた樋口こころさん

助成決定を受けた樋口こころさん

このたび環境ツーリズム学部2年樋口こころさんが長野県青少年育成県民会議が運営するユース・アクションサポート事業「若者応援プラン」に採用されました。

樋口さんは昨年度から長野県内農産物の地産池消を推進すべく、県内の特産物である辛味大根やワイン、おやきなどを使い、食の魅力をアピールするチャレンジショップや地産池消イベントを行ってきました。

今年度は、さらに活動を広げ、上田地域の質の良い食資源を掘り起こし、地域にある別所温泉などで実際の観光地をフィールドとした実践に耐えうる「着地型観光プラン」の作成を予定しています。
樋口さんはこの観光プランを今年度中に作成し、来年度には地域の旅行会社、旅館組合などの関係機関と連携して実際に観光客へ提供することによる「地域活性化」を目指しています。

今回は、この「着地型観光プラン作成による地域活性化活動」の取り組みが認められ採用に至りました。

今後の樋口さんの活動に注目していてください。