グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 上田市との連携事業「信州の学海」プロジェクトをスタート

上田市との連携事業「信州の学海」プロジェクトをスタート

去る1月24日、本学と上田市は官学連携の拡大による魅力的な地域づくりを推進するために、「信州の学海」プロジェクトをスタートさせました。

本学と上田市は、2005年3月25日に包括的連携に関する協定書を締結し、連携を図ってきました。この協定に基づき、連携の内容をさらに深めるために、新たに官学連携プロジェクトの位置付けを行ない、地域づくり、情報、健康福祉、環境・観光の4つの分野での具体的なテーマについて、上田市と本学の担当者が協議を行ないました。

例えば、地域づくりの分野では、ごみ減量、再資源化を啓発する講座の検討について話し合いが行なわれ、情報の分野では、教育の情報化や地域情報化について関わっていくことが協議されました。また、健康福祉の分野では地域福祉推進への取り組みや学生ボランティアの派遣について協議がもたれ、環境・観光の分野では地域ブランド化の共同研究や上田市観光ビジョンの実践について話し合われました。

この日の協議で、連携事業テーマのそれぞれに方向性が見出され、今後は各テーマごとに担当者間で内容を詰めていくことになりました。これらの連携事業は、新年度以降具体的な活動が展開され、魅力ある上田づくりに貢献していくことになります。