グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 社会福祉学部学生(医療ソーシャルワーク演習クラス)が沖縄県で合宿

社会福祉学部学生(医療ソーシャルワーク演習クラス)が沖縄県で合宿

11月9日~12日、社会福祉学部鳥羽信行准教授と学生17名(医療ソーシャルワーク演習受講生)が沖縄県で合宿を行ないました。
合宿では、沖縄大学富樫八郎ゼミナールの学生たちとの「ゼミ間交流」や、離島の高齢者福祉施設でボランティア活動をしながら利用者の方々とのコミュニケーションをはかるなど、普段大学で学んでいることを活かした活動を行ないました。また、美ら海水族館や首里城を見学するなど、沖縄県での滞在を楽しみました。
この合宿を通して、他大学の学生との交流で視野が広まったことと、それぞれの地域の特色を再確認できたことが大きな成果だと思います。そして、学ぶことと遊ぶことのバランスの大切さを知ることができたようです。