グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 「現代社会福祉の理解」で特別講義を開講

「現代社会福祉の理解」で特別講義を開講

朝日健二先生

講義の様子

7月4日、社会福祉学部の科目「現代社会福祉の理解」の授業において、NPO法人「朝日訴訟の会」理事でもある朝日健二先生による特別講義が行なわれました。
朝日先生は「人間裁判」として有名な「朝日訴訟」を起こされた朝日茂さんのご養子としてその遺志を引継ぎ、朝日訴訟を次世代に語り継ぎ、現代社会における様々な問題を考える活動をされています。講義では、「朝日訴訟」の背景や訴訟運動について詳しく説明していただき、現代社会における貧困の問題、福祉施策の問題点等について様々な示唆を与えてくださいました。また、今後、社会福祉の専門職を目指す学生たちに対して、熱意と愛情のこもった激励メッセージを送ってくださいました。

詳細はこちらをご覧ください
「朝日訴訟」(別ウィンドウで開きます)