グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > ウィットマン・カレッジからデボラ・ウィーズ先生が来校

ウィットマン・カレッジからデボラ・ウィーズ先生が来校

ウィットマン・カレッジ デボラ・ウィーズ先生

今後の交流について話し合われました

5月22日、ウィットマン・カレッジ(アメリカ・ワシントン州)のデボラ・ウィーズ先生が本学を訪れ、今後の両大学の交流の充実について話し合いました。
ウィットマン・カレッジと本学とは、学生の相互派遣などを行なっています。昨年6月にはウィットマン・カレッジから3名の学生を受け入れ、今年の2月から3月にかけては、本学の学生2名がウィットマン・カレッジで日本語教師の助手をつとめるというインターンシップが実施されました。また、昨年9月には京谷栄二環境ツーリズム学部長がウィットマン・カレッジで講義を行なっています。
今回はデボラ先生の専門である心理学の講義が稲木康一郎准教授の「臨床心理学」の授業の中で行なわれ、終了後にはデボラ先生と本学学生との交流会も行なわれました。
今後もこうした交流により両校の関係がより親密になることが期待されます。