グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 平成19年度入学式を挙行

平成19年度入学式を挙行

当日の様子

入学式の様子

真剣に話を聞く新入生

歓迎の言葉を述べる在学生代表の宮川さん

入学後の抱負を述べる髙野さん

サークル勧誘のチラシを受け取る新入生

対面式の様子(社会福祉学部)

4月5日、平成19年度入学式が本学体育館にて挙行されました。
4月開設の環境ツーリズム学部と企業情報学部の第一期生を迎え、本学にとって3学部体制での新たなスタートとなりました。
式では嶋田学長が、「真摯な気持ちで自己に向き合い、自己を探求していけば必ず、社会のどのような場でも必要とされる『課題の発見・探求・解決能力』を身につけることができるはず」と新入生にメッセージをおくりました。
また、在学生を代表して学生自治会長の宮川慎吾さん(産業情報学科3年)が「多くのものを見て、さまざまなことにチャレンジしてください。きっと皆さんの人間性や社会性を高め、より豊かな人生にしてくれることと思います」と歓迎の言葉を述べると、 これを受けて、新入生代表の髙野由未さん(社会福祉学科)は「新しい環境で生活していくことへの不安もありますが、長野大学の学生としての自覚と誇りを持ち、知識や教養を身につけるよう努力します」とこれから始まる大学生活への抱負を語りました。
入学式に続いて、新入生と教員の対面式や大学生協主催の新入生歓迎会、先輩たちよるサークル勧誘などが行なわれ、新入生にとって希望に満ちた大学生活のスタートとなりました。