グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 産業社会学科3年小林秀樹さん、同学科4年新谷起世さん全国大会に出場

産業社会学科3年小林秀樹さん、同学科4年新谷起世さん全国大会に出場

産業社会学科3年卓球部の小林秀樹さんが、昨年11月26日に安曇野市で開催された大阪国際招待卓球選手権大会予選会兼、東京卓球選手権予選大会で6位入賞し、2月9日から大阪府で開催される第46回大阪国際招待卓球選手権大会および、3月12日から東京都で開催される第59回東京卓球選手権大会に出場することになりました。
小林さんが出場する2つの大会は、大学生だけでなく、社会人・高校生も出場できる全国大会です。小林さんは両大会への出場ははじめてですが、昨年の10月に開催された第73回全日本学生卓球選手権に出場するなど、全国大会出場の経験もあり大会での活躍が期待されます。

また、産業社会学科4年競技スキー部の新谷起世さんが、1月13日に鳥取県大山国際スキー場で開催された徳島県国体予選大会スキー成年女子A大回転で優勝し、2月10日から秋田県で開催される第62回国民体育大会冬季大会スキー競技会に出場が決まりました。
新谷さんは、9月に開催された第13回高円宮牌グラススキージャパンオープンで2位に入賞するなど、冬のスキーだけではなく夏のグラススキーでも活躍しています。

現在、二人はそれぞれの目標に向けて、きびしい練習に励んでいるところです。全国大会での健闘を祈ります。