グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 荻原諒さんカーリングで世界に挑戦

荻原諒さんカーリングで世界に挑戦

課外活動の表彰を受ける荻原さん

力強く抱負を語ってくれました!

本学産業社会学部産業情報学科2年の荻原諒さんが、2007年1月17日から27日にかけてイタリアのトリノで開催される『第23回ユニバーシアード冬季競技大会』カーリング競技の日本学生代表選手として出場することが決まりました。
この大会は大学生のオリンピックにあたる大会で、前年度の世界大会の成績よって出場権が得られ、日本を始めカナダ、スコットランド、スウェーデン、中国等10カ国でメダルが競われます。
荻原さんがカーリング競技を始めたのは、小学校5年生からで、現在は「チーム軽井沢ジュニア」に所属し、毎日授業終了後、厳しい練習を行なっています。
ポジションはスキップとして作戦を決め、チームのプレーを指示する選手として活躍しています。 さらに、荻原さんは「チーム軽井沢ジュニア」で、12月10日に開催された全日本ジュニアカーリング選手権大会に優勝し、2007年1月7日から14日までニュージーランドで開催される『第3回パシフィックジュニアカーリング選手権大会』にも出場が決まっています。
12月15日には、壮行会が開催され、会場には約100名の学生や教職員が集まり、荻原さんにエールを送りました。世界の舞台へ向かって挑戦する荻原さんを応援しましょう。