グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 企業イノベーションプロジェクトに参加する企業情報学部生が「就職活動体験報告会」(11)を開催しました

企業イノベーションプロジェクトに参加する企業情報学部生が「就職活動体験報告会」(11)を開催しました

企業イノベーションプロジェクトに参加し、企業のイノベーション(課題発見・問題解決)に取り組んできた企業情報学部・森俊也ゼミ生の「就職活動体験報告会」が平成23年12月19日に開かれました。
景気後退や震災による世情不安を受けて、就職市場・採用市場においては超氷河期と言われています。このような中、森ゼミの4年生は、昨年のこの会合において、先輩達からためになるお話しをうかがい、その話をもとに様々な対策をうち、この状況を乗り切り、自身が望む就職先より内定をいただくことができました。

4年生から、これから就職活動をはじめる3年生へ

真剣そのもの。

いよいよ始まりました。

森ゼミでは、4年生から今後就職活動に挑む3年生へエールを送り、今後の具体的対策について教授する会を「就職活動体験報告会」と称しています。

景気の悪化やこのたびの東日本大震災等を受けて、企業の就職・採用市場は一気に冷え込み「超氷河期」に突入しています。企業イノベーションプロジェクトで企業と深く関わってきた森ゼミ生ですが、この状況下で苦戦をしいられるのは間違いないことから、今後3年生が就職活動をすすめるにあたってのどのような工夫や注意が必要となるのかについて4年生より教授を頂きました。さまざまな報告がなされました。登壇者および報告事項は例年同様、以下の通りです。なお、近年のこのような厳しい状況を踏まえて、12月の集中合宿において「就職活動キックオフセミナー」を開催し、3年生の就職活動に対する気持ちが高まりつつある中、同会を実施しました。

《登壇者》
星さん(クスリのアオキ:ドラッグストア)
宮越さん(クスリのアオキ:ドラッグストア)
山田さん(関東三菱:自動車ディーラー)
櫻井さん(さがみ典礼:セレモニー)

●採用決定までの流れ(3年の後半から各月ごとに何をしたか)
●企業説明会へ参加する上での、企業を特定する上での注意・工夫
●履歴書・自己紹介書・企業との接触・面接等での注意・工夫
●これから就職活動を挑む学生へのメッセージ
●就職企業の事業や業務 (そこでの自分の関わり)

この中では、自己紹介書(志望動機や、自己PR、大学で主に頑張ったこと)を作成する上での工夫や、それをどのように先方に説得的に語るのか、面談・記述試験・企業アプローチに向けてどのような準備をすべきか、などを具体的に教授頂きました。また、長い就職活動を気持ち的にどのように乗り切るのか、落ちた時にどのように対応するのか、落ちた時に落ち込まないようにするためにはどのような対策をとればよいのかなど、精神面のアドバイスも頂きました。
さらに、このような報告の後、就職活動を控える3年生以下より、数多くの質問が投げかけられ、受験する企業をどの程度把握し、志望動機においてどのような点をアピールすればよいのか、就職活動全般の心構え、どのような面接があるのか、面接の際にどのような質問(想定外の質問)があるのか、情報管理・スケジュール管理をどのようにすればよいのか、といった幅広い視点から質問が飛び交いました。
就職活動を終えた4年生から3年生以下に対して、実体験に基づき丁寧に折り返しを頂きました。登壇頂いた4年生の方々、本当に有難うございました。

これらの報告会を踏まえ、今後、森ゼミ生は、自己紹介書の作成、その確認、面談の練習、グループディスカッションの練習等を経て、本格的に就職活動をすすめていくことになります。

<森ゼミ内の就職活動ゼミナールの予定>
第1回<12月>:就職活動キックオフセミナー(4年生、OB等からのメッセージと今後の就職活動の心得)
第2回<12月>:森ゼミ生就職活動報告会(就職活動に際して今準備すべき点,注意点)⇒プロジェクト参加の4年生から3年生以下へ
第3回<2月上旬>:自己紹介書とは(志望動機,自己PR,大学での主な活動)。面談における質問事項とその確認
第4回<2月上旬>:自己紹介書の内容確認とその加筆修正
第5回~第10回<2月中旬~4月上旬>:面談練習(一人の学生が面談者,その他の学生は面接官)
・面談者として緊張感・臨場感を味わう。
・論理的・説得的なしゃべりとはどのようなものなのかを理解・把握する(一つの面接後に,それぞれの面接官より面談者にコメントがある)。
・面接官になりどのようなしゃべりが聞きやすいのかを理解・把握する。
第11回<4月中旬>:グループディスカッションとその練習
第11回以降:ゼミナールの終了後に各人の取組み状況の確認。企業を受けるごとに,志望動機などの執筆・確認。

<森ゼミ生の最近の就職先・進路先>
情報サービス:富士ソフト、昭和システムエンジニアリング、JIECなど
金融・銀行:八十二銀行、長野銀行、かんぽ生命、郵便局、上田信用金庫、JA信州上田など
流通・物流・家電:ツルヤ、マツヤ、佐川急便、エディオン、クスリのアオキなど
メーカー:オルガン針、ミネベア、日精ASB機械、竹内製作所、信州ハム、三洋電機、リオン熱学など
医薬・製薬:岡野薬品、富士薬品、寿製薬など
公務員:長野県警察、佐久市役所
大学院:中央大学大学院商学研究科、関西大学大学院商学研究科、信州大学工学系研究科、東北大学大学院国際文化研究科

長野大学学生の皆さん、ともに頑張っていきましょう!

会場全体の様子。

山田さん(内定先:関東三菱)。
自分は本当に何かしたいのか、考えました。就職活動においては数々の想定外があるので、柔軟に対応することの必要性を示唆頂きました。

櫻井さん(内定先:さがみ典礼)
面談では、各段階で聞かれる内容が異なること、事前にまとめておいたほうが良い事項があることを助言頂きました。

宮越さん(内定先:クスリのアオキ)
具体的な対策のみならず、就職活動の各段階でどう思ってどう対処したか、最近多くなっているグループディスカッションへの対応について有益なアドバイスを頂きました。

星さん(内定先:クスリのアオキ)
企業の採用担当者は、「お客様と(この人は)どのいうやりとりをするのか」という視点で見ていることを強調。また、就職活動においては「自分の可能性を広げることが極めて重要」とメッセージを頂きました。

質問も真剣です!

登壇の4年生から3年生以下へ

聞きつつ、メモしつつ・・

聞きもらさないように!

報告会後、4年生と。3年生以下に対して、就職に関する様々なメッセージを頂きました。ありがとうございました。

これまでの就職活動体験報告会