グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 環境ツーリズム学部の4年生が学生プロゴルファーに!!

環境ツーリズム学部の4年生が学生プロゴルファーに!!

  環境ツーリズム学部4年の山崎真也さんが日本プロゴルフ協会からティーチングプロとして認定を受け、プロゴルファーとしてのキャリアを開始しました。山崎さんは一昨年にプロゴルフ協会が主催するティーチングプロになるための実技試験に合格し、昨年はゴルフ理論やレッスン技術を修得する講習を受け、12月に見事プロゴルファーとしての資格を取得しました。

  山崎さんは、中学3年の春、父親に連れられて行った練習場で初めてクラブを握ったのが、ゴルフとの出会いと話しています。その後、ゴルフ部がある高校へ進学し、高校1年生の6月から、指導者である山田佳彦ツアープロ「(本学体育ゴルフ担当講師)」の指導を受けています。部活のほかに、山田プロが主宰しているゴルフスクールに通い、毎日夜遅くまで自主練習を重ね、高校2年のとき、関東高校ゴルフ選手権で上位に入り、全国大会出場を果たしました。
  高校卒業後は、地元にある長野大学へ進学し、山田プロの指導のもと、トレーニングを続けてきました。山崎さんは、「今後も引き続き、山田プロとの二人三脚でツアートーナメントの出場資格を取得するために練習に励んでいきたいです。」と話してくれました。

スイングの練習をする山崎さん(右)と、指導者の山田プロ(左)