グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 長野大学文化講演会(第46回 長野大学公開講座)

長野大学文化講演会(第46回 長野大学公開講座)

10月12日(日)映画「ALWAYS三丁目の夕日」エグゼクティブ・プロデューサーによる講演会を開催

長野大学文化講演会(第46回長野大学公開講座)


「ALWAYSのルーツは学生時代にあった」 阿部秀司(「ALWAYS三丁目の夕日」エグゼクティブ・プロデューサー)

阿部秀司氏

◆講師紹介◆
株式会社ROBOT代表取締役社長 阿部秀司氏

1986 年、株式会社ロボットを設立し、クリエーティブディレクターとして数多くのCM をてがける。1993 年、映画部を併設し、「LoveLetter」(95)、「ジュブナイル」(00)、「Returner」(02)、「ALWAYS 三丁目の夕日」(05)、「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(07)などでエグゼクティブ・プロデューサーを務めるほか、同社として数多くの映画制作および製作に携る。
映画製作者として、2006 年エランドール賞、第25 回藤本賞・特別賞を受賞している。

10月12日(日)13時から大学内リブロホールにて「ALWAYS三丁目の夕日」のエグゼクティブ・プロデューサー阿部秀司氏(株式会社ロボット代表取締役社長)による文化講演会を開催致します。
今回の文化講演会では「ALWAYSのルーツは学生時代にあった」をテーマに、自身が、すべての団塊の世代、そして、そのころ成人していた人,そして、その時代を知らない人達に、懐かしく、また新しい驚きを届けることができた。と語る「ALWAYS三丁目の夕日」の制作にかけた想いなどをお話ししていただきます。
団塊の世代がもっとも多感な時期であった昭和30年代。奇しくも高度成長へと日本が突き進んだいたこの時代を「映画化」されたその想いとは?
来場者には懐かしい駄菓子をプレゼント!託児所もご用意しています。
主催:長野大学・長野大学後援会/後援:上田市

ALWAYS背景

      長野大学文化講演会
◆日時◆ 10月12日(日) 13時00分~
◆場所◆ 長野大学リブロホール
           (入場無料)
◆演題◆ 「ALWAYSのルーツは
                    学生時代にあった」
◆講師◆ 阿部 秀司 氏
お問い合わせ 
☎ 0268(39)0007 地域連携センター