グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 第44回長野大学祭を開催しました

第44回長野大学祭を開催しました

 10月30日(土)~10月31日(日)に第44回長野大学祭を開催しました。今年のテーマ「FREE!~自分スタイル~」は、学生・教職員・地域の方・高校生などがどんな形でもいいので自由に大学祭に参加して欲しいという願いと、大学祭に参加する人たちには自由な発想を持って大学祭を盛り上げて欲しいという思いが込められています。大学祭実行委員会の学生40名を中心に4月から半年以上に及んで準備を重ねてきた数多くの企画が行われました。

 一般公開に先立ち、10月29日(金)に前夜祭として野外特設ステージからFM長野「346 GROOVE FRIDAY!」の500回記念公開生放送があり、本学客員准教授も務める三四六さんに長野大学祭を盛り上げていただきました。

 初日の30日は、あいにくの台風の影響により開催が危ぶまれましたが、「ぴあメンター」の学生により作られた1,000個の「てるてる坊主」に掛けられた願いが通じ無事開祭となりました。昼過ぎには雨もあがり、社会福祉学部デー、信州プロレス「長野大学祭マッチ」、AUN・Jクラシックオーケストラによる和楽器ライブなどの企画や模擬店・展示発表にたくさんの方々のご来場をいただき、駐車場が満車になるほどの活況でした。

 2日目の31日は、初日の開祭宣言でできなかったエコバルーン飛ばしで、実行委員会の「たくさんの地域の方や高校生、学生に楽しんでもらい、一緒に盛り上げていきたい!!」という思いを来場者の皆さんと空にむけて放ちスタートとなりました。野外特設ステージではパフォーマンスグループ球舞によるサッカーダンス、体育館ではトータルテンボス・野性爆弾・若月・ジャングルポケットの4組によるお笑いライブ、リブロホールでは蓼科高校ジャズクラブ演奏会と学内の至る所で企画イベントが行われ、多くの方に楽しんでいただきました。そして、2日間の締めくくりとなる後夜祭には多くの学生が集まり、恒例となった男装女装コンテストやビンゴ大会などで盛り上がりを見せる中の閉祭となりました。

 実行委員会の学生たちのお互いを思いやり助け合う姿勢と、来場されるたくさんのお客様に楽しんでもらいたいという熱意と努力により、今年も長野大学祭を大成功の内に終えることができました。それも実行委員会の活動を支えていただいた数多くの方々のお力添えによります。関係者の皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。また、次年度もご協力の程よろしくお願いいたします。

FM長野「346GLOOVE FRIDAY!」の写真

FM長野「346GLOOVE FRIDAY!」

正面玄関の「てるてる坊主」が台風を吹き飛ばした!!の写真

正面玄関の「てるてる坊主」が台風を吹き飛ばした!!

エコバルーンに思いを乗せての写真

エコバルーンに思いを乗せて

信州プロレス「長野大学祭マッチ」の写真

信州プロレス「長野大学祭マッチ」

AUN・Jクラシックオーケストラによるライブの写真

AUN・Jクラシックオーケストラによるライブ

大学祭実行委員が大活躍(AUNのお二人と)の写真

大学祭実行委員が大活躍(AUNのお二人と)

球舞のサッカーダンスに長大生も挑戦!!の写真

球舞のサッカーダンスに長大生も挑戦!!

蓼科高校JAZZクラブ演奏会の写真

蓼科高校JAZZクラブ演奏会

後夜祭 男装女装コンテストの写真

後夜祭 男装女装コンテスト

終了後、実行委員会の中心メンバー3年生に後輩からプレゼントの写真

終了後、実行委員会の中心メンバー3年生に後輩からプレゼント