グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 社会福祉学部の学生が真田地域の小中学生と交歓会を行いました

社会福祉学部の学生が真田地域の小中学生と交歓会を行いました

  11月22日、上田市真田地域にある、長、傍陽、本原の3つの小学校と真田中学校の各特別支援学級に通う児童・生徒計17名が「交歓会」のため、長野大学を訪れました。
  社会福祉学部特別支援教育コースで学ぶ学生有志11名とゲームをしたり、学生食堂で昼食を食べたりし、交流をしました。
  ゲームは学生が企画し、小中学生と大学生が交ざった4つのグループを作り、それぞれ別の教室に入りゲームを行い、再度1つの教室に集まり発表しあいました。

くじ引きでグループ分け

くじ引きでグループ分け

だるまさんが転んだで遊ぶ小中学生たち

だるまさんが転んだで遊ぶ小中学生たち

自分で好きなメニューを選択

自分で好きなメニューを選択

学生も一緒にランチ

学生も一緒にランチ