グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 社会福祉学部「現代社会福祉の理解」で特別講義を開催

社会福祉学部「現代社会福祉の理解」で特別講義を開催

日浦美智江先生

日浦美智江先生

7月2日、社会福祉学部1年生の必修科目である「現代社会福祉の理解」の授業において、社会福祉法人「訪問の家」(横浜市)理事長の日浦美智江さんによる特別講義が開催されました。「訪問の家」は、知的障害者更生施設「朋(とも)」をはじめとして、主に重症心身障害者の地域生活支援を行っています。1年生のクラス別授業において、日浦先生の著書『朋はみんなの青春ステージ』を使っていることから、今回の特別講義を依頼し、ご快諾いただきました。

特別講義では「朋」のあゆみとともに、「朋」を利用している方々の生活の様子や、地域における「朋」の意義などについて、写真とともにお話頂きました。また、社会福祉職を目指す場合は、「人間に対する興味と探究心」、「一人の人間への集中力と忍耐力」、「想像力と行動力」などが資質として必要であると力説されていました。

学生からは、「人はみな役割を持って生まれてくる、という言葉に感動した」、「『朋』の合言葉である可能性へのチャレンジには、人は人のなかに生きて初めて輝くことができるという意味があるという言葉が印象に残った」などの感想が出されました。

講義の様子

講義の様子