グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > JR東日本の「駅からハイキング」と環境ツーリズム学部の学生がコラボ

JR東日本の「駅からハイキング」と環境ツーリズム学部の学生がコラボ

企画運営にあたった環境ツーリズム学部の学生

企画運営にあたった環境ツーリズム学部の学生

 11月20日に、長野大学環境ツーリズム学部生が企画したJR東日本 駅からハイキング「上田の魅力満載! 旧北国街道の今を歩こう」が実施されました。お天気に恵まれたこともあり、221名の方が上田を訪れ、真田一族の歴史はもちろん、蚕都上田の歴史を物語る様々な施設や映画ロケ地にもなったポイントを楽しみながら、めぐっていました。 

 参加者向け「ちょっぴりプレゼント」として用意した「AUN長野大学恵みの森のどんぐりクッキー」も大変好評で、長野大学環境ツーリズム学部ならではのプレゼントに、参加者から「珍しい物をありがとう」「家族にも味わわせたいので、食べずに持ち帰ります」などのコメントをいただきました。
「地産地消」を学んでいる学生たちが企画した上田特産地鶏を使った「真田丸のおやき」(100個限定販売)もたちまち売り切れ、そのほかに用意したおやきも完売し、「食べられなくて、とても残念」という参加者もいました。
 
 今回のJR東日本駅からハイキング 長野大学生企画の実施運営にあたっては、コース企画、当日配布したガイドマップやワンポイントガイドの制作、どんぐり採集、ちょっぴりプレゼントのクッキーづくり、当日の受付やまちかど案内の学生スタッフなど、環境ツーリズム学部の多くの学生が、ゼミや学年の枠を超えて協力しました。
 
 本企画の実施に際し、上田市内のさまざまな施設・団体のご支援、ご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。特に池波正太郎真田太平記館や上田城櫓などの共通入館券個人500円を、団体扱いの300円にしていただくことができたこともあり、最終的には参加者の半数にあたる100名以上の方が、この共通入館団体券を購入して、上田を代表する観光施設を訪れました。

 来年2月19日にも、JR東日本駅からハイキングとして、塩田平&別所温泉コースを実施します。今後も、環境ツーリズム学部生の活躍にご期待ください。

準備した「おやき」はたちまち完売!

準備した「おやき」はたちまち完売!