グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > マスター・ソムリエの高野豊さんが来学 環境ツーリズム学部の講義などで講師をつとめる

マスター・ソムリエの高野豊さんが来学 環境ツーリズム学部の講義などで講師をつとめる

「地産地消論」で講師をつとめる高野ソムリエ

「地産地消論」で講師をつとめる高野ソムリエ

 1月21日、長野県内各地でワインを活用した町おこしに取り組むマスター・ソムリエ高野豊さんが来学し、環境ツーリズム学部の「地産地消論」で特別講義を行いました。また、午後には長野大学の「夢チャレンジ制度」の助成を受けて活動する学生グループの求めに応じて勉強会の講師もつとめていただきました。

 同学部2年生の樋口こころさんを中心とする学生グループは、「信州のワインを用いた着地型観光プランづくり」を研究テーマをとし、夢チャレンジ制度の助成を受けて活動してきました。
 この研究活動の成果をふまえ、別所温泉のオリジナル・ワイン「ビランジュ・ドゥ・ベッショ」を活用した観光プランを作成、21日に別所温泉旅館組合と合同の勉強会を企画して、学生の考えたワイン観光プランを発表しました。勉強会では、旅館組合の方々からご意見をいただき、最後に高野ソムリエからコメントをいただきました。
 
 旅館の方々との真剣なディスカッションを終え、「実社会で通用するワイン観光プランを提案し、ぜひ在学中に実現したい」と樋口さんは夢を語ってくれました。

旅館組合の方々との勉強会の様子

旅館の方々との話し合いの様子