グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 韓国・馬山大学の学生と本学学生が交流

韓国・馬山大学の学生と本学学生が交流

交流会の様子

交流会の様子

ランチを食べながら歓談する馬山大学の学生と長野大学の学生

ランチを食べながら歓談する馬山大学の学生と長野大学の学生

 1月26日、馬山大学(韓国・慶南馬山市)観光通訳学部の学生15名と観光通訳学部長の李在成氏が本学を訪問し、学生24名と交流しました。

 馬山大学の学生の訪問は、昨年2月の訪問に引き続いて2回目となり、昨年10月に学術交流に関する協定を締結後、初めての交流となりました。
 長島伸一副学長、ビラールイリヤス国際交流センター長の歓迎挨拶の後、本学学生が中心となって企画した交流会が行なわれ、自己紹介やレクレーション、キャンパス見学などを通じて親睦を深めました。昼食後には、本学学生と信州大学の学生が合同で行ったインターンシップ成果発表会にも参加しました。

 馬山大学の学生達は、昨年12月から斑尾高原・サンパティックホテルズへ実務研修のため来日しており、その一環で協定校である本学を訪問し、交流することになりました。
 本学では、4月から「韓国語」の授業もスタートするなど、馬山大学を始めとする韓国との交流を促進させていきたいと考えています。