グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 環境ツーリズム学部高橋大輔准教授がサイエンス・パートナーシッ プ・プロジェクトの一環で訪問講義

環境ツーリズム学部高橋大輔准教授がサイエンス・パートナーシッ プ・プロジェクトの一環で訪問講義

 2010年12月20日に環境ツーリズム学部の高橋大輔准教授が、新潟県立糸魚川白嶺高校で多種共存のメカニズムに関する訪問講義を行いました。

 この講義は、科学技術振興機構(JST)の助成事業の一つであるサイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)の一環として行われたものです。
 SPPとは、小中高校と大学や研究機関が連携して実習などを実施し、児童生徒の科学技術や理科への興味関心などを育てることを目的とした科学技術振興機構の助成事業の一つです(SPPについての詳細はこちらから)。
 昨年度より、高橋准教授とそのゼミ生たちは、高校生の実習の指導とサポートを行うという立場で、このSPPの取組に参加しています。

 今年の高校生たちの実習のテーマは、新潟県の河川において、希少魚「アユカケ」を含め、川に住む底生魚の胃内容物を調べ、様々な種類の底生魚が同じ場所で共存できるメカニズムとして「くいわけ」がどの程度機能しているのかを検討することでした(これまでの活動の様子はこちらから)。

 今年の調査結果の発表が高校生によって行われた後、くいわけ以外の共存のメカニズムとして、「すみわけ」(生活空間を違えることで種間競争を緩和するという多種共存機構の一つ)に関する講義が行われました。

 高橋大輔ゼミでは、今後も地域の教育機関と連携を図りながら、地域の理科教育や環境教育のサポートを行っていく予定です。

講義を行っている様子。競争を避けるようにふるまうことで、た くさんの生物の共存が可能となります。

講義を行っている様子。競争を避けるようにふるまうことで、た くさんの生物の共存が可能となります。