グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 韓国馬山大学、白石大学校・白石文化大学と「学術交流に関する協定」を締結

韓国馬山大学、白石大学校・白石文化大学と「学術交流に関する協定」を締結

 10月1日から5日まで、嶋田学長、伊藤社会福祉学部長、禹企業情報学部准教授および田口国際交流センター事務長が韓国の馬山大学、白石大学校・白石文化大学を訪問しました。

 各大学のキャンパスを訪問し、大学関係者や学生と交流を行ない、今後の学術交流・学生交流・教員交流などについて、広範囲にわたり有意義な意見交換を行ないました。


 10月2日には馬山大学(慶南 昌原市)と「学術交流に関する協定書」の調印式を行ないました。

馬山大学との「学術交流に関する協定書」調印式を終えて

馬山大学との「学術交流に関する協定書」調印式を終えて

 馬山大学は1956年に開学し、専門技術人を養成する短期大学で現在学生数は6000人おります。
 今年の2月に馬山大学観光通訳学部の学生25名が長野県斑尾高原のホテルにインターンシップで来日した際に、日本の大学生と交流がしたいとの意向を受け、本学に来学し、学生と交流を行なったことがきっかけになっております。
 10月4日には白石大学校・白石文化大学(忠淸南道 天安市)と「学術交流に関する協定書」の調印式を行ないました。

白石大学校・白石文化大学との「学術交流に関する協定書」調印式を終えて

白石大学校・白石文化大学との「学術交流に関する協定書」調印式を終えて

 白石大学校(4年制)および白石文化大学(2年制)はキリスト教精神を土台に設立された大学であり、現在白石大学校は16,000人、白石文化大学は6,000人合計22,000の学生数です。
 国際交流も盛んに行なわれており、日本を初め35校あまりの大学と協定を結んでおります。




協定調印によって、今後、相互の交流がますます発展していくことを期待しています。