グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 企業情報学部 デジタルアーカイブ用の3D形状計測システムの導入

企業情報学部 デジタルアーカイブ用の3D形状計測システムの導入

3DCG制作用の形状計測システムを導入!


3D形状計測システムの導入

企業情報学部の田中法博ゼミでは,デジタルアーカイブ用の形状計測システムが複数導入されました.

こういったシステムではレーザー光線やプロジェクタの光を当てるだけで,対象物体を精密に計測して,その物体をリアルな3DCGで再現します.


デジタルコスメプロジェクト」では人の顔や肌の形状を計測したり,「デジタルアーカイブプロジェクト」では,様々な文化財や美術品の形状を計測します.

レーザー光で物体の形状を計測

レーザー光とカメラを使って物体の形状計測を行っている本学学生

プロジェクタで物体の形状を計測

プロジェクタとカメラを使って物体の形状計測を行っている本学学生

高校生向けのイベントで3DCG制作体験をしてもらっています

こういった3DCGシステムを使って,オープンキャンパス等の高校生向けイベントでは多くの高校生に「3DCG制作体験」をしていただいています.

まだ,今年のイベントは残っていますので,まだ参加していない人は是非CG制作を体験してみて下さい.

【オープンキャンパス】

◆ 9月以降のオープンキャンパスにも展示予定

◆ 8月21日(土) オープンキャンパスで展示

8月8日(日) オープンキャンパスの様子

7月18日(日) オープンキャンパスの様子

【高校生イベント】

進路フェスタ2010(長野市ビッグハット)

高校生向けイベントで行っている3DCG体験コーナー

高校生向けイベントで,長野大学が展示した3DCG実習コーナーで3DCGを制作を体験している高校生(レーザー光でぬいぐるみの形状を計測しています)

クマのCG

今回導入したシステムで作成したクマの人形の3DCG(高校生イベントで高校生が計測したもの)

企業情報学部のプロジェクト型学習とは

企業情報学部では,学生が自分の将来を見据えて,自分自身でテーマを決めて様々なプロジェクトを立ち上げます.

情報系のプロジェクトでは,「3DCGソフトウェア開発プロジェクト」や「美術品文化財のデジタルアーカイブプロジェクト」,「デジタルコスメプロジェクト」等3DCGに関連するプロジェクトが進んでいます.

こういった企業情報学部の学生が行っているプロジェクトでは実際の企業顔負けのソフトウェア開発が行われています.
今回導入されたシステムは,そういったプロジェクト型学習で使用されるものです.

情報系(コンピュータグラフィックス)に関連するプロジェクトに関わる学生達の活動の詳細は,こちらのリンクをご覧ください.