グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 千曲川流域学会の年次大会で環境ツーリズム学部の学生が研究成果を報告

千曲川流域学会の年次大会で環境ツーリズム学部の学生が研究成果を報告

 3月13日、千曲川流域学会の年次大会が、別所温泉あいぞめの湯大ホールにおいて開催され、ポスターセッションにおいて、環境ツーリズム学部の高橋大輔ゼミナール、三田育雄ゼミナール、古田睦美ゼミナールの学生たちが研究成果を報告しましました。
 
 今年度は、別所温泉魅力創生協議会との共催で開催されたため別所地区の方々にも大勢ご参加いただき、学生と地域の方々の研究発表を通じた交流がみられました。
 
 学生の報告の中には、別所温泉地区を対象とした研究が多かったこともあり、学生たちは、別所地区の今後の発展に自分たちの研究成果が少しでも活かされればと、地域の課題をテーマとして研究に取り組んだ一年間の成果の発表に力がこもっていました。
 報告テーマは以下のとおりです。

高橋大輔ゼミナール 報告テーマ

高橋ゼミの発表の様子

高橋ゼミの発表の様子

◆上田および佐久の水田における農法と生物相の関係(花岡直樹・高橋大輔)

◆塩田平のため池の生物相及び水質調査(伊藤駿・菅沼友幸・高橋大輔)

◆塩田平のため池の管理法とため池の多面的機能について(斎藤大地・高橋大輔)

◆地域の水族館が環境保全に果たす役割(長張正俊・高橋大輔)

◆神川水系及び武石川水系における河畔林とイワナの食性との関係
について(渡辺俊晶ほか(長野大学・NPO法人信州イワナの学校))

三田育雄ゼミナール 報告テーマ

三田ゼミ 発表の様子

三田ゼミ 発表の様子

◆別所温泉来訪者アンケート調査結果

◆別所温泉住民アンケート調査結果

◆別所温泉農産物直売所利用者アンケート調査結果

古田睦美ゼミナール 報告テーマ

古田ゼミ 発表の様子

古田ゼミ 発表の様子

◆別所地区の地産地消をすすめるために
・別所地区直売組合農家実態調査結果
・特産物作りに向けた農産物栽培適正調査結果
・9つの地大根食味アンケート調査結果