グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 上田市商工観光部観光課が映画『サマー・ウォーズ』の経緯と観光に与える影響を講義 ~環境ツーリズム学部・課題探求ゼミナールの合同ゼミにて~

上田市商工観光部観光課が映画『サマー・ウォーズ』の経緯と観光に与える影響を講義 ~環境ツーリズム学部・課題探求ゼミナールの合同ゼミにて~

合同ゼミのテーマ: 環境ツーリズム学部で学ぶ観光とは

2009年10月29日、環境ツーリズム学部1年生が履修している課題探求ゼミナール(佐藤哲ゼミ、久保木匡介ゼミ、臺純子ゼミ、徳永哲也ゼミ、土田俊幸ゼミ、塚瀬進ゼミ)で、1年生全員を対象とした合同ゼミを実施しました。合同ゼミのテーマは、「環境ツーリズム学部で学ぶ観光とは」です。

合同ゼミの内容

観光を学ぶということは、観光産業、たとえば旅行業やホテル・旅館などの宿泊業、鉄道・航空などの交通業について学ぶことだと考えている人も多いかもしれません。
しかし、観光は、観光産業や観光産業に携わる人だけで成り立っているのではありません。豊かな自然や、地域独自の文化や生活、そして旅行者がいてはじめて成立する現象です。

そして今、観光を取り巻く状況は大きく変わろうとしています。団体旅行から個人旅行へ、物見遊山の観光から体験型の観光へ、さらには自然環境を守りながら育てるエコロジーな観光など、社会や経済、人々のライフスタイルや志向の変化など、様々な要素が、観光を変えつつあります。
そのため、観光系の教員の専門も地理学や、交通経済学、観光地計画、文化、観光情報など、幅広い分野になっています。

長野大学環境ツーリズム学部で観光を学ぶ意義は、観光産業について学ぶというだけでなく、広い視野で観光を見ることができるという点にあります。ぜひ、この利点を生かして、2年時以降の履修科目やコース選択を行っていただければと思います。

つまり観光は、人々の志向や、地域独自の歴史や文化、社会や世界を学ぶための入り口の一つでもあるのです。

映画『サマー・ウォーズ』をテーマにゲスト講義

上田市商工観光部観光課の宮下義徳さんによる講義のようす

上田市商工観光部観光課の宮下義徳さんによる講義のようす

上田市商工観光部観光課の宮下義徳さんにゲスト講義をお願いしました。

この夏に公開された映画『サマー・ウォーズ』の舞台は、この上田市でした。映像コンテンツが観光に与える影響は、非常に大きく、たとえば大河ドラマや連続テレビドラマの舞台になった町が、一気に有名観光地になったり、アニメで登場した場所に、たくさんの若い人たちが訪れるようになり、「○○の聖地」といわれるようになったというようなことも起きています。

上田市では『サマー・ウォーズ』という映画をきっかけにして、さらに多くの観光客にアピールできるよう、多くのプロジェクトを実施し、今も続いています。そのうちのいくつかのプロジェクトや『サマー・ウォーズ』の舞台として上田市が登場することになった経緯などをご紹介いただきました。

さらに、専門ゼミで観光情報について勉強する中で、今回の上田市観光課が行ったプロジェクトにインターンとして参加することができた3年の宮川磨弥さんに、インターンの経験などを紹介してもらいました。

関連ニュース&関連Webサイト

長大生が上田市の『サマーウォーズ』外国語サイトの制作に協力
上田市ホームページ内『サマーウォーズの里「信州上田」へようこそ!』

参加したゼミ生は興味深く講義を聴きました。

参加したゼミ生は興味深く講義を聴きました。