グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 復旦大学日本研究センターの郭定平所長が講演

復旦大学日本研究センターの郭定平所長が講演

講演会の様子

講演会の様子

 10月14日、復旦大学(中国・上海市)日本研究センター郭定平所長、沈浩氏(2008年度本学客員教員)が来学し、嶋田力夫学長を表敬訪問しました。

懇談のあと、郭所長が「東アジア共同体における中日の対立と協調」をテーマに講演を行い、学生も出席し熱心にメモをとっていました。郭所長は講演の中で「東アジア共同体の構築には、安全保障、貿易等クリアしなければならない課題は多いが、特に重要なのは各国の相互理解と信頼関係の構築であるとし、そのためには次代を担う青少年の交流に力を入れるべきである」と述べられました。

中国を代表する復旦大学と本学とは1992年に学術交流協定を締結し、交流していますが、今後、ますます活発な交流が期待されます。