グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 台湾長栄大学・中国肇慶学院と交流についての覚書に調印

台湾長栄大学・中国肇慶学院と交流についての覚書に調印

5月10日から21日まで、嶋田学長、柳町常任理事および国際交流センター苗職員が台湾の長栄大学および長栄男子高校・女子高校、中国の肇慶学院、五邑大学、湛江師範大学を訪問しました。

各大学、高校のキャンパスを見学し、今後の学術交流、学生交流、留学生の受け入れ、教員交流などについて、広範囲に有意義な意見交換を行いました。
両大学とは正式な交流協定の締結へ向けて、双方が取り組むことを確認し、話し合いを行っていく予定です。

5月11日台湾の長栄大学と覚書の調印式を行いました。

写真左から長栄大学の陳錦生学長、嶋田力夫学長

長栄大学キャンパス

長栄大学は台湾台南県にある私立大学で、1992年「長栄管理学院」が開校、2002年「長栄大学」に改称。在学生約2万人の総合大学です。また、国際交流も盛んに行っていて、アメリカ、オーストラリア、韓国、日本など複数の大学と姉妹校を結ばれています。

5月15日に中国の肇慶学院と覚書の調印式を行いました。

写真左から嶋田力夫学長、湛江師範学院の和飛学長

肇慶学院の学生記者のインタビューを受ける嶋田学長

肇慶学院が広州から90キロ離れた観光都市肇慶にある総合大学です。
在校生が11000人あまり、観光学部と外国語学部日本語科を設けられており、本学と共通な学部があります。