グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 中国五邑大学・湛江師範学院と「学術交流に関する協定書」を締結

中国五邑大学・湛江師範学院と「学術交流に関する協定書」を締結

5月10日から21日まで、嶋田学長、柳町常任理事および国際交流センター苗職員が台湾の長栄大学、長栄男子高校・女子高校、中国の肇慶学院、五邑大学、湛江師範大学を訪問しました。

各大学のキャンパスを訪問し、大学関係者や学生と交流を行いました。今後の学術交流、学生交流、留学生の受け入れ、教員交流などについて、広範囲にわたり有意義な意見交換を行いました。

5月18日には中国の五邑大学と「学術交流に関する協定書」の調印式を行いました。

写真左から2人目五邑大学卓雄副学長、3人目胡社軍学長、4人目長野大学嶋田力夫学長、5人目柳町正美常務理事及び関係者、2列目以後五邑大学日本語学科の学生たち

五邑大学文化祭

5月19日には湛江師範学院と「学術交流に関する協定書」の調印式を行いました。
湛江師範学院は1636年に開校し、373年の歴史を持つ総合大学で、在校生が23,000人います。国際交流も盛んに行われており、アメリカ、オーストラリア、日本など30校あまりの大学と提携しています。

写真左から嶋田力夫学長、湛江師範学院郭澤深学長

湛江師範学院日本語学部の学生たちと一緒

五邑大学では大学文化祭を見学し、湛江師範学院では日本語学部の学生たちとの交流もできました。活気溢れる中国の大学がとても印象的でした。
 協定調印によって、今後、相互の交流がますます発展していくことを期待しています。