グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 特別支援学校教諭一種免許状教職課程を新設!!

特別支援学校教諭一種免許状教職課程を新設!!

長野大学では、平成21年度4月1日から社会福祉学部に、特別支援学校教諭一種免許状教職課程を設置しました。設置した領域は「知的障害者」、「肢体不自由者」、「病弱者」の3領域です。

社会福祉学部では、平成2年度から、養護学校教諭一種免許状教職課程を開設してきました。この課程では、社会的弱者を受け入れる気持ちや思いやる気持ち、障害があってもなくてもともに生きる社会をつくるという福祉教育の特性を生かしながら多くの人材を送り出してきました。

このたび、これまでの教員養成の実績をふまえて、社会福祉学部ならではの福祉的な価値と理念、知識と技術を兼ね備えた特別支援学校教諭の養成を目指して、「特別支援学校教諭一種免許状教職課程」を設置しました。

特別支援学校教諭とは、平成19年4月より従来の盲学校、聾学校、養護学校を統合した特別支援学校において、さまざまな障害のある子どもたちの教育に携わる教諭のことです。
特別支援学校教諭は、通常の教育に関する知識や技術だけではなく、障害特性の理解をふまえた関わりが求められます。特別支援学校のみならず、通常学級に在籍しているLD(学習障害)やADHD(注意欠陥/多動性障害)、あるいは高機能自閉症などの子どもたちに対する教育支援の役割も期待されています。

開講科目

障害者教育総論
知的障害者の心理・生理・病理
発達診断の理論と方法
肢体不自由者の心理・生理・病理
病弱者の心理・生理・病理
知的障害教育Ⅰ
知的障害教育Ⅱ
肢体不自由教育Ⅰ
肢体不自由教育Ⅱ
自立活動の理論と実際
病弱教育Ⅰ
病弱教育Ⅱ
知的障害教育演習
肢体不自由教育演習
視覚障害教育総論
聴覚・言語障害教育総論
重複障害・LD等教育総論
特別支援教育実習指導
特別支援教育実習