グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 「社会福祉援助技術現場実習報告会」を開催

「社会福祉援助技術現場実習報告会」を開催

実習報告会の様子

実習報告会の様子

報告会終了後、クラスで記念写真

報告会終了後、クラスで記念写真

7月24日(木)、「社会福祉援助技術現場実習報告会」が開催されました。実習報告会は、前年度の夏季と春季に実習を行った社会福祉学部の4年生が、実習における学びの成果を学会形式で報告する場です。今年度は、159名の学生が、実習の学びや成果を報告しました。

お世話になった施設・機関の実習指導担当の方々には助言者として出席いただきました。これから実習が控えている3年生も聴講しました。

一人ひとりの報告に対して、他の学生や教員から、たくさんの質問がだされました。また助言者からは、厳しくもあたたかいコメントをいただきました。

<学生の感想>
実習報告会を通して、プレゼンテーションの難しさを感じましたが、試行錯誤しながら資料を作成し、クラスで協力しながら準備することができました。また、実習で得たことを振り返るよい機会にもなりました。他の学生の発表を聞くことで福祉に対する理解を深める場にもなり、良い経験となりました。報告会での学びをこれからの学習に生かしていきたいと思います。
(社会福祉学部4年 加賀爪 佑紀)