グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 7月オープンキャンパス開催報告

7月オープンキャンパス開催報告

受付では先輩たちが歓迎してくれます

受付では先輩たちが歓迎してくれます

リブロホールでの全体説明会

リブロホールでの全体説明会

弱視体験のようす(社会福祉学部)

弱視体験のようす(社会福祉学部)

先輩が丁寧に指導してくれます(企業情報学部)

先輩が丁寧に指導してくれます
(企業情報学部)

「恵みの森」での模擬講義

「恵みの森」での模擬講義

在学生との交流コーナーのようす

在学生との交流コーナーのようす

7月19日にオープンキャンパスが開催され、大勢の方にご参加いただきました。当日は良い天気に恵まれ、信州らしい、真っ青な夏空のもとでの開催となりました。学部ごとに行われた模擬講義では、各学部とも楽しみながら学びの内容を理解してもらえるよう、体験型学習を実施しました。

社会福祉学部では、車いす体験や手話、心理テストなど、社会福祉学や心理学に関係するさまざまな体験をしました。各コーナーでは在学生が親切に指導し、在学生との触れ合いの中、参加者のみなさんは楽しそうに体験していました。

環境ツーリズム学部では、はじめに「環境社会学入門」の講義を行い、わたしたちの生活と自然のつながりについて考えました。その後、本学の敷地内にある「恵みの森」を散策、動植物を観察しながら、これからの時代に必要な森づくりについて考えました。

企業情報学部では、映像制作のプロと同等の環境を持つ教室「CGデザインラボ」で3D CGキャラクタデザインに挑戦。在学生のサポートのもと、3D CGデザインを体験しました。CGデザインは初めての方も多く、戸惑いながらの作業でしたが、最終的には全員が作品を完成させることができました。

模擬講義終了後、学生食堂ではお菓子やドリンク、かき氷のサービスがあり、それらを食べながら在学生との交流が行われ各学部のパネル展示もありました。また入試や学生生活などについての相談コーナーは、いずれも盛況でした。

参加者からは、「先輩たちが優しく接してくれたので嬉しかった」「先輩たちから直接いろいろな話が聞けてよかった」「入試のポイントがわかって、とても参考になった」などの感想が聞かれ、長野大学の特徴を十分に理解していただけたようです。

長野大学では、8月23日、9月20日にもオープンキャンパスを開催いたします。みなさんのご参加をスタッフ一同、心よりお待ちしております。