グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 6月オープンキャンパス開催報告

6月オープンキャンパス開催報告

ネイチャートレイルのようす(環境ツーリズム学部)

ネイチャートレイルのようす
(環境ツーリズム学部)

熱心に話しを聞く参加者(企業情報学部)

熱心に話しを聞く参加者
(企業情報学部)

弱視体験のようす(社会福祉学部)

弱視体験のようす
(社会福祉学部)

パネル展示コーナーのようす

パネル展示コーナーのようす

在学生との交流コーナーのようす

在学生との交流コーナーのようす

入試相談コーナーのようす

入試相談コーナーのようす

6月7日、今年度最初のオープンキャンパスが開催され、約90名の高校生や保護者が参加しました。
今回のオープンキャンパスは、社会福祉学部と企業情報学部は長野大学で、環境ツーリズム学部は菅平高原でそれぞれ実施されました。

学部ごとに行われた模擬講義では、社会福祉学部は福祉の仕事についての理解を深めるために、体験型の講義を通してソーシャルワーク(相談援助)とケアワーク(介護)の共通点・相違点について考えました。企業情報学部は「高校生のためのビジネス入門」をテーマに、企業の広告戦略などについての講義が行われ、参加者は熱心に話しを聞いていました。環境ツーリズム学部は、新緑の美しい菅平牧場周辺のトレッキングや大野晃教授による「環境社会学入門」の講義を受け、自分たちの生活と自然のつながりについて考えました。

また長野大学会場では、模擬講義終了後に学生食堂において、在学生との交流、入試相談、学部ごとのパネル展示などのコーナーが設けられ、いずれも盛況でした。
参加者からは、「一人で参加したので不安だったけれど、先輩たちが優しく接してくれたので嬉しかった」「大学内がきれいで雰囲気もよかった」などの感想が聞かれ、充実したオープンキャンパスとなったようです。

長野大学では、7月19日、8月23日、9月20日にもオープンキャンパスを開催しますので、ぜひご参加ください!