グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 留学生会が四川大地震被災地支援募金活動

留学生会が四川大地震被災地支援募金活動

募金活動をする留学生

募金活動をする留学生

募金する学生

募金する学生

5月20日、長野大学留学生会が中心となり中国南西部で発生した大地震被災地支援のための募金活動をはじめました。

5月12日に発生した「中国・四川大地震」は、発生から約1週間が経過し、20日までに死者4万75人、負傷者24万7645人にのぼっており、被災者の人々は非常に苦しい避難生活を強いられています。

こうした状況を見て長野大学留学生会が、被災地支援募金活動をはじめました。留学生会は「今回の大地震は同じ中国の同胞として本当に悲しい、募金活動は自分たちの力で何か貢献できないかと考えてのもの、みなさんのご協力をお願いします」と呼びかけました。

なお、本学も協力してミャンマーのサイクロン被災者への救援募金活動も併せて行っています。