グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 平成20年度入学式を挙行

平成20年度入学式を挙行

当日の様子

入学式会場の様子

4月4日、平成20年度入学式が本学体育館にて挙行されました。

告辞では嶋田力夫学長が、「それぞれの学問分野での学業に積極的かつ、情熱を持っていそしんでください。そして、充実感、達成感に裏付けられた、できるだけ多くの楽しみを自らキャンパスライフの中に見出してください」と新入生にメッセージをおくりました。

在学生を代表して学生自治会長の宮川慎吾さん(産業情報学科4年)が自らの経験を踏まえて「大学というところは、自分から行動しないと何も変わらないところです。しかし逆に、何か変えようと行動すれば、変えられるところでもあります。皆さんは是非、これからさまざまなことにチャレンジしてください」と歓迎の言葉を述べると、これを受けて、新入生代表の中山和也さん(環境ツーリズム学科)は「新しい環境で生活していくことへの不安もありますが、これから沢山のことを学ぶ期待と喜びを胸に、一層の努力をし、日々感謝の思いを忘れずに、有意義な4年間を送りたいと思います」とこれから始まる大学生活への抱負を語りました。

入学式に続いて、新入生と教員の対面式や先輩たちよるサークル勧誘などが行なわれました。中でも、長野大学生協学生委員会主催の新入生歓迎イベント「友達100人できるかな」には、111名の新入生が参加し、学部の枠を超えた交流の輪が広がっていました。

学生自治会長宮川慎吾さん

新入生代表中山和也さん

サークル勧誘のチラシを受取る新入生

長野大学生協学生委員会主催の歓迎イベント