グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【環境ツーリズム学部】地産地消ゼミ(古田ゼミ)が制作する番組が再開

【環境ツーリズム学部】地産地消ゼミ(古田ゼミ)が制作する番組が再開

収録の様子

 環境ツーリズム学部地産地消ゼミナール(古田睦美専門ゼミナール)が制作する上田ケーブルビジョン(UCV)の番組「旬なに食べる?」の放送が再開しました。
 地産地消ゼミナールでは、地域の気候にあった農産物や生産者について研究しています。研究成果の一端を4年前からUCVの5分番組「旬なに食べる?」の制作を通して紹介してきました。昨年は、研究は続けてきたものの、コロナウィルス拡大防止のため1年間放送を自粛していましたが、今年度は5月からUCVレポートの中の5分間コーナーとして放送を再開しました。
 5月のテーマ食材は、塩田に就農した若い生産者さんが作るアスパラガス、6月は蚕都上田のシンボル桑の実の予定です。料理方法は塩田自治センターのパティシエ加藤万紀さんに教えてもらいました。

今後の放送予定:上田ケーブルビジョン 地上デジタル121(UCV1チヤンネル)
5月26日(水) 5:30、6:00、9:00、12:00
後日、UCVホームページでも閲覧可能です。
   UCVホームページ https://ucv.co.jp/program/report/6534/

調理したアスパラガス