グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【地域共生福祉研究所】長野大学地域共生福祉論集 第15号を発刊しました

【地域共生福祉研究所】長野大学地域共生福祉論集 第15号を発刊しました

 「長野大学地域共生福祉論集」15号を発刊しました。
 論文は、長野大学リポジトリからご覧いただくことができます。
 特別講演、授業実践報告は本学ウェブサイト内でご覧いただくことができます。

《論 文》
 音声言語を主なコミュニケーション手段とする聴覚障害者の職務上の困り感と援助要請
  ―学生時代のライフヒストリーと就職後の実態に関するインタビュー調査から―
                  ……… 能美 由希子・小川 夏帆・丹野 傑史
 
 COVID-19 感染拡大に伴うある成人脳性まひ者のソーシャルサポート資源の変容と困り感
  ―遠隔支援の可能性―                   ……… 丹野 傑史

 大正時代から昭和時代戦前期までの社会事業における組織キャンプの特徴
  ―雑誌『東京府慈善協會報』から『社會福利』に至るまでに掲載された記事に着目して―
                               ………中島  豊

 認知症高齢者の生活困難状況と介護支援専門員が抱える支援困難状況に対する支援
  ―地域包括支援センター三職種による専門的支援に視点をあてて―
……山田  修


《特別講演》
 教科「福祉」の20年 ― その前史から学習指導要領の告示、今日の課題、そして展望
                               ……… 矢幅 清司

《授業実践報告》
 「介護実習」における授業の組み立てと展開            ……… 今井 和代