グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 令和2年度4月以降の附属図書館の利用について(新型コロナウイルス感染症対策)

令和2年度4月以降の附属図書館の利用について(新型コロナウイルス感染症対策)

 長野大学付属図書館では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止の観点から、4月以降の図書館利用について、以下の方針に基づいて開館をいたします。
 利用者の皆様の健康と安全確保の観点から実施するものですので、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますようお願いいたします。
 なお、開館は5月11日(月)からを予定しておりますが、今後の情勢により変更となる可能性があります。その際はホームページにて周知いたしますので、よろしくお願いいたします。

1.風邪の症状(咳、発熱など)のある方の入館をお断りします。
2.来館の際は、手洗い、消毒、マスク着用等の感染防止策をとっていただくようお願いいたします。
3.土曜日については当面休館とします。また、大学の授業等の開講状況に応じて、開館時間の短縮、閉館等の措置を実施します。
4.学外者(一般の方、卒業生等)の入館を一時的に制限します。
5.図書館閲覧室および自習室の座席を減らし、対面着席や密集した状況を防ぐ対策を実施します。
6.第1グループ学習室から第4グループ学習室の使用を休止します。
7.定期的に図書館内の換気を行います。