グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【企業情報学部】森ゼミの一年生が社会や企業の問題解決を進めています(スタートアッププロジェクトの発表会を開催)。

【企業情報学部】森ゼミの一年生が社会や企業の問題解決を進めています(スタートアッププロジェクトの発表会を開催)。

今年のスタートアッププロジェクトは、食べる人はよく食べる、一人暮らしになるとお世話になりやすい「スナック菓子」のこれからを考える。

社会や企業の問題解決を進めていきます!

この環境のなかで、高校生活を終え、自身の将来やこれからを考え、信州上田の地に集いました。企業情報学部の森ゼミ生もそれぞれの地から集まり、いよいよ、大学生活が始まりました。期待と少々の不安のなかで、大学の学びが、そしてセミ活動が始まっています。個性あふれるゼミ生が力や知恵を集めながら、社会や企業の問題解決を進めていきます。


プロジェクトをスタート:事始めとして、スタートアッププロジェクトを始動

ゼミでの自己紹介でどんな人かを紹介し、その後で、ジャスチャーゲームで、相手に伝えることの難しさを実感。

ある家電を相手に伝えています。うまい!

伝えるのは、難しいけど、でも楽しい!

その後、すぐにスタートアッププロジェクトを始動しました。今年のテーマは、食べる人は食べ、食べない人は食べない、ただ、一人ぐらしになると食べてしまう、そう「スナック菓子」の今後。そのなかでもCa社の今後について、考えます。

二つのチームに分かれ、検討がスタート。まずは情報共有から始めます。

どこから検討すべきか、どのようなアプローチで、どういった方向性を探ればいいのか、みんなで悩みます。入学早々ですが、みんなの知恵を結集しました。また、場づくりの大切さも実感しました。

スナック菓子Ca社の課題は何か、この課題を解決する今後の方向性はどういったものか。

リーダーが議論をひっぱります。

こちらはリーダーが情報を共有します。

考えてきたものを共有し、

書記の方がメモをとります。

こちらも書記の方がメモをとりながら、議論をひっぱります。

気になるKo社のスナック菓子を食べながら、今後のCa社の方向性を考えます。

検討したものを絵にしつつ、

検討したものをアイディアにしました。

スタートアッププロジェクトの発表会を開催(2021年4月22日)

悩めるCa社。この会社の今後の課題を特定し、今後の方向性を考えてきました。ひめのチーム。

こちらも考えてきたものの最終チェックです。あさひチーム。

リハーサルを丁寧に行い、

原稿のチェックも行いました。

二週間前に悩みを打ち明けたCa社の社員さんが、改めて森ゼミ生のところにお越しになり、

Ca社の社員さんに向けて、同社の課題や今後の方向性について発表が行われました。

あさひチームは、これまでのスナックから新たなカテゴリーの開発をめざし、

これまでのCa社が活かされる「じゃーガレット」を考案。忙しい相手に思いをはせて、さまざまな価値を創造しました。発表も〇ティーブ・ジョブズばりです。

ひめのチームは、同社の課題や顧客に向けての課題、社会の課題を捉えながら、潜在的野菜不足の状況を踏まえて、

課題を解決するコンセプトを定め、

カリ、ホク、サクを味わってもらえる軽食「ベジップス」を考案。いつでも、どこでも、とびきり野菜を目指しました。説明も説得的です。

それぞれの報告があった後にコメントとともに質問が多く出されました。

これらのコメントも今後問題解決をしていく際に、とても有効です。

最後に、頑張ったそれぞれのチームへ、表彰です。

あさひチーム。

こちらは、ひめのチーム。

両チームともによく頑張りました。Ca社のありたい姿や現状を明確にしつつ、ありたい姿と現状とのギャップをしっかりと埋めよういう姿が印象的でした。本当に、ご苦労さまでした。