グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 【教職センターニュース】教職課程学生による学校現場のボランティア活動が始動しました【第1号】

【教職センターニュース】教職課程学生による学校現場のボランティア活動が始動しました【第1号】

災害ボランティアから教育ボランティアへ ~教職課程学生による学校現場のボランティア活動が始動~

ボランティアガイダンスの開催案内

 7月13日、上田市校長会から本学教職センターへ市内小中学校へのボランティア支援要請が届きました。
要請内容は、この新型コロナ禍で影響がでている学習面の遅れをはじめ、子どもたちの放課後指導に至るまで、教員を目指す学生にしかできない内容のボランティア要請でした。

 この要請を受け教職センターでは「災ボラから教ボラへ」をキャッチコピーに学校現場へのボランティア要請に応えるべく組織を立ち上げ、教職課程学生に学校支援ボランティアWeb説明会を開催しました。説明会冒頭で山浦教職センター長は、「教職課程の学生パワーを集結して学校現場の力になろう!」と呼びかけ、地域に根ざす公立大学の使命とともに多くの学生の支援参加を促しました。

※上田市内ボランティア要請校数19校に対し、長野大学教職課程履修生84名で対応予定