グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > ニュース&トピックス  > 長野大学に対する襲撃予告の顛末について

長野大学に対する襲撃予告の顛末について

令和2年6月18日
長野大学

長野大学に対する襲撃予告の顛末について

 長野大学に対する6月17日(水)午後の襲撃予告に関するメールが大学宛てに届きました。
大学では、学生・教職員及び関係者の安全確保を最優先と考え、予告された17日(水)午後には教職員、関係者がキャンパスから退去するとともに構内の入口を封鎖し、立ち入りを禁止しました。
 所轄警察と連携し、キャンパス内の巡回等を行った結果、不審者、不審物は見つからず、安全確認が取れたことから、6月18日(木)から通常業務を再開することといたしました。
 今回の襲撃予告につきましては、大学関係者のみならず学外の皆様にも多大な御心配、御迷惑をおかけしました。
 また、この度の対応に御理解と御協力をいただきましたことに深く感謝申し上げます。
 なお、本件を威力業務妨害として所轄の警察と連携し、必要な措置を講じてまいります。